自立生活が出来る日の為に|理学療法士になるなら専門学校へ行こう|専門的な知識を付ける為に

理学療法士になるなら専門学校へ行こう|専門的な知識を付ける為に

鉛筆を持つ人

自立生活が出来る日の為に

ウーマン

寄り添い共に歩く仕事

病気や事故により立つ・歩く・座るなどの動作に支障をきたした人の支えになるのが理学療法士です。人間が生きていく上で必要な運動機能を回復させる為に様々な方法でリハビリテーションを行い、患者さんの社会復帰の手助けをするのが主な仕事です。 理学療法士が対象とするのは、脳の疾患などによる中枢神経疾患、運動器に障害がある整形外科疾患、その他に呼吸器疾患心疾患内科的疾患があります。また近年、高齢化やメタボリックシンドロームなどによる体力の低下や健康増進の分野でも理学療法士は活躍しています。 現在の日本で望まれている患者さんに寄り添い、支える医療の立役者と言えるのが理学療法士なのです。

幅広い分野で活躍

理学療法士が行うリハビリテーションには、立ち上がり・起き上がり・歩行訓練などの運動療法や、電気的刺激やマッサージを行う物理療法などがあります。運動機能に直接働きかける治療を行い、患者さんの関節可動域の拡大や筋力強化、麻痺の回復、痛みの軽減などを目指します。国家資格である理学療法士になる為には、大学・短期大学・専門学校などに入学し受験資格を取得します。その後国家試験を受験し理学療法士となるのです。働く現場も多岐に渡っています。病院・クリニックなどは勿論、介護・福祉の現場や、行政の健康増進の現場、また専門知識を生かしプロスポーツチームに属し、スポーツ医学やスポーツトレーナーとして働く理学療法士もたくさんいるのです。学校で子供の発達障害が問題になっている今、小学校・中学校などの教育現場でも需要が増える事が見込まれます。