義歯製作のスペシャリスト|理学療法士になるなら専門学校へ行こう|専門的な知識を付ける為に

理学療法士になるなら専門学校へ行こう|専門的な知識を付ける為に

鉛筆を持つ人

義歯製作のスペシャリスト

歯医者

歯科医療のスペシャリストといえば、もちろんその筆頭に挙げられるのは歯科医師です。そして歯科医師を治療の専門家だとすると、治療材料の専門家と言えるのが歯科技工士です。歯科技工士は、義歯をはじめとする歯科医療に必要な製作物の加工・調整・修理などを業とする職種です。対象となるのは入れ歯・ブリッジ・クラウン・矯正装具・インプラント・マウスピースなどです。食べ物を噛む、言葉を発するなど歯は人間の基本的な活動に関わる器官だけに、正確かつていねいな技術が要求される仕事です。これらを製作することができるのは、歯科医師または歯科技工士に限られることが法律で定められています。そのため、資格を取得すれば安定した身分で活躍することができます。

歯科技工士の資格を得るには、高校卒業後に国が指定する養成機関で必要な知識や技能を身につけた後、国家試験に合格する必要があります。養成機関は2016年現在で約50校あり、その大半は2年制また3年制の専門学校です。一部では4年制の夜間部も設けられています。また、短大及び4年制大学も数校存在します。歯科技工士有資格者の就職先は、そのほとんどが歯科技工所と呼ばれる専門の製作所です。そこでは歯科医院から回付される指示書に基づいて、義歯等を製作しています。クリニックや大学病院の歯科内に併設されているケースもあります。また、数はそれほど多くありませんが、医療機器メーカーで活躍している有資格者もいます。最近はインプラント製作をはじめとしてデジタル技術の導入が進んでいるため、ソフトやハードの開発に歯科技工士の知識や技能が有用だとして人気となっています。